メリットは?

家を売るためには、当然買い手を探さなければなりませんが、個人で探すのは難しいので、大抵の方は不動産業者に仲介してもらいます。この時専属売買契約を不動産業者と結ぶと、その一社以外とは一切取引を行なわないことになります。他にも不動産業者と結べる契約の種類はありますが、専属売買契約のメリットとはいったいどのような点にあるのでしょうか。

宣伝イメージ画像専属売買契約法のメリットは、業者が一番やる気を見せてくれることです。
利益につながるならどんな方法でもやる気を出しそうなものですが、専属売買契約法の場合、契約期間が3ヶ月に定められているので、それを破ると契約が破棄されてしまいます。
そのため必ず利益を上げるために、必死で宣伝活動などを行い、期間内に買い手を見つけてくれるよう動いてくれます。

専属売買契約は自由度に欠けるため、あまり選択する人がいないといいますが、一社に完全に任せる分、信頼できる業者と契約を結べば、良い値で買い手を見つけてくれるはずです。もちろん一社に契約することで、他の比較対象の無いまま取引が進められるなど、デメリットが無いわけではありません。確実に買い手を見つけてもらうか、ある程度時間を使っても良い買い手を見つけないなど、個人的にこだわりたいポイントを考えてみて、どの契約法を選ぶべきか検討してください。