守るべきルール

不動産業者を介して家を売る場合、不動産業者とは何かしらの契約を結ぶ必要があります。専属売買契約もそうした契約の一つで、契約を結んだ不動産業者とは一切取引を行なわないことで、より確実に不動産の買い手を見つけてもらいます。当然契約である以上、様々なルールを守る必要があるので、それらを破りそうなときは、他の契約を結んだほうが良いでしょう。

基本的に専属売買契約を結んだ場合、他の人と売買契約を結ぶことは出来ません。専属売買契約では、他の不動産業者はもちろん個人間での売買も行なえないので、もし知り合いに家を高く買いたいという人が出てきても、不動産業者に買い手を見つけてもらわなければなりません。もし他の不動産会社などで契約を結んだ場合、違約金の支払いが命じられるので注意しましょう。

契約イメージ画像家の持ち主に守るべきルールがあるように、不動産会社側にも守らなければならないルールがあります。
契約したのに買い手を探そうとしないと困るので、ちゃんと買い手を見つけるために動いているか、定期的に活動報告を行なう必要がありますし、契約期限である3ヶ月を越えて買い手が見つからなければ契約は解消されます。
契約を結ぶ以上、お互いがきちんとルールを守れるよう、誠意を持った行動と相手に対する毅然とした態度を意識しましょう。